アルファード20系 前期と後期の違いを徹底比較!

この記事は11分で読めます

shitadori chukoshateian


特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-中古車 特集-ホイール・タイヤ
特集-20系前期 特集-20系後期

 


アルファード30系が発売されてから4年以上が経過した今もアルファード20系の人気は高く、いまだに、あえて中古車を購入される方もいるようです。

このアルファード20系は前期と後期で結構大きな違いがあることをご存知でしょうか。

ここでは、そんなはアルファード20系の前期と後期の違いをチェックしておきましょう。

そして、こらから中古車でアルファード20系の購入を考えている場合は下記のサービスを活用してみて下さい。

>>> 【ズバット】中古車無料お探しサービス

希望する細かい条件を指定することができ、全国を対象とした大量の在庫の中から希望条件に合う車を提案してもらえます。

当然無料で保証まで付いているので、中古車購入時の不安が解消されます。

提案を受けたからと言って購入しなければならないということもありませんのでご安心を。

では、アルファード20系を前期と後期に分けて違いを見ていきましょう。

3つの秘策

アルファード20系 前期、後期とは?

 

アルファード20系は2008年5月にアルファード2代目としてフルモデルチェンジをして誕生しましたが、2011年11月に大規模なマイナーチェンジをしました。

このマイナーチェンジを境に、マイナーチェンジより前を前期、マイナーチェンジより後を後期と呼んでいます。

見た目もかなり違いますし、内装、装備も大きく変わっているのです。

ちなみに、アルファード初代は車両形式の下2桁が10(4WDは15)、2代目は20、3代目は30なので初代モデルが10系、2代目が20系、3代目が30系と呼ばれています。

 

アルファード20系 前期と後期の違い

 

エクステリアの違い

 

アルファード20系は2代目アルファードですが、初代アルファードである10系の人気が高かったことから、基本コンセプトは変更していないため、アルファード20系のエクステリアは10系とよく似ています。

 

【アルファード10系の外観】


引用元:Wikipedia

 

しかし、10系から20系に変わったと実感できるのが、フロント周りです。

 

【アルファード20系の外観】


引用元:Wikipedia

 

具体的には、フロントグリル、バンパー、ヘッドライトのデザインが変更されることで見栄えは大きく違ってきます。

当然ですが、20系についても個性を引き立たすためにこれらのパーツには力が入っており、前期モデルと後期モデルの違いを見分ける上でも大きなヒントとなります。

 

まずは、フロントグリル回りから前期と後期の違いを見てみましょう。

 

フロントグリル回り

 

アルファード20系の前期と後期の違いで分かりやすいのは「外観」です。

具体的には「フロントグリル」の違いです。

フロントグリルには前期と後期を見極める大きなポイントがあります。

前期と後期を見分けるポイントは、フロントグリル内部の横向きに設置されているバーです。

前期モデルが「4本」に対して後期モデルは「3本」になっています。

このポイントを頭に置き、下記のフロントグリルを御覧ください。

 

【前期モデルのフロントグリル】

前期モデルのフロントグリルはバンパーに鋭く食い込むイメージです。

アルファード20系前期のフロントグリル回り
alphard20-hikaku-01

グリル上端のメッキ部分もボンネットに大きく張り出しています。

 

【後期モデルのフロントグリル】

後期モデルのフロントグリルはバンパーとの境も滑らかで、グリル上端のメッキ部分も控えめです。

アルファード20系後期のフロントグリル回り
alphard20-hikaku-02

また、バンパー中央上部にメッキのラインが入っているのも大きな違いです。

20系前期が濃厚で迫力あるフロント回りなのに対し、後期は上品で端正なイメージと言っていいでしょうか。

 

フロントバンパー

 

20系アルファードにはグレードが2タイプ用意されています。
一つが「ノーマルタイプ」でもう一つが「エアロタイプ」です。

もちろん、フロントバンパーの形状も2つのタイプで異なります。

同じ20系でも前期と後期ではフロントバンパーの形状が変更されているのです。

 

【前期モデルのフロントバンパー】

強いて言えば、ソフトなイメージなのが前期モデルです。

アルファード20系前期のフロントバンパー回り

 

【後期モデルのフロントバンパー】

シャープなイメージなのが後期モデルといった感じです。

アルファード20系後期のフロントバンパー回り

 

ナンバープレート当たりをご覧いただくとわかりますが、前期モデルがセンター部分とフォグランプを明確に分けているのに対して、後期モデルはフロントバンパーの一部にフォグランプがあるような形状となっています。

 

ヘッドライト

 

ヘッドライトは、アルファードに個性を与える上で大きな役割を果たしています。

10系と20系のコンセプトは同じでも、フロント回りのデザインで大きく印象はかわってきますし、フロントライトの形状で全く別もににも見えてきます。

 

20系のヘッドライトについても地味ながら前期モデルから後期モデルで変更が加えられています。

とはいっても、ヘッドライトの印象に大きな影響を与えるヘッドライトの形状については変更にはなっていません

変更箇所はインナーハウジングの色で、それも対象グレードは「S」のみとなっています。

 

前期モデルのインナーハウジングの色がスモークだったものが後期モデルではブラックメタリックに変更となりました。

 

【前期モデルのヘッドライト】

アルファード20系前期のヘッドライト回り

【後期モデルのヘッドライト】

アルファード20系後期のヘッドライト回り

パット見の違い正直感じられません。

しかし、30系も同じですが、ヘッドライト内の機能に進化が与えられているようです。

 

バックドアのガーニッシュ

 

【前期モデルのバックドアガーニッシュ】

アルファード20系前期のバックドア回り
alphard20-hikaku-04

アルファード20系の前期も後期もバックドアのナンバーの上にメッキの大きなガーニッシュがあります。

【後期モデルのバックドアガーニッシュ】

アルファード20系後期のバックドア回り
alphard20-hikaku-05

 

後期型ではガーニッシュの大きさが変わっており、横方向に長くなるとともにバックランプの形状も変わっています。

このあたりのデザインは個人の好みによって評価が違ってきそうです。

 

バックランプ

 

バックランプについても、一見すると変更していないように感じますが前期モデルから後期モデルでは変更されています。

具体的な変更点ですが、バックドアガーニッシュが横長に変更されてたことはお伝えしましたが、バックランプについてもランプの形状が横長に変更となっています。

 

【前期モデルのバックランプ】

アルファード20系前期のバックランプ回り

 

【後期モデルのバックランプ】

アルファード20系後期のバックランプ回り

 

インテリアの違い

 

木目調パネルの違い

 

【前期モデルの木目調パネル】

アルファード20系前期の木目調パネルは、S系が赤木目調、その他が茶木目調です。

アルファード20系前期の赤木目調パネル
alphard20-a-gazou-03

 

【後期モデルの木目調パネル】

後期モデルの木目調パネルはすべて黒木目調に変わっています。

アルファード20系後期の黒木目調パネル
alphard20-hikaku-06

後期は黒の中に金色の木目が輝く意匠なので、イメージは全く変わってきています。

 

機能面の違い

 

オートマチックハイビームの導入

 

アルファード20系後期では、室内カメラに内蔵されたセンサーが周囲の明るさを検知して、ロービームとハイビームを自動的に切り替えるシステムとして、「オートマチックハイビーム」が、一部のグレードにですが導入されました

 

パノラミックビューモニターのオプション設定

 

アルファード20系後期では、トヨタ車では初めて、車両のまわりをまるで真上から見たような映像を表示できるパノラミックビューモニターがオプション設定されました。

 

運転席オートスライドアウェイ

 

アルファード20系後期では運転席オートスライドアウェイが装備されていますが、エンジンのスイッチのオン・オフやシートベルトの着脱により、運転席のシートが自動的に前後にスライドする機能で、乗降性が画期的に向上しています。

 

ハイブリッド車のラインナップ

 

アルファード20系の前期と後期の違いで一番大きいのは、ハイブリッド車の有無かもしれません。

 

【前期モデルのハイブリッド車のラインナップ】

アルファードのハイブリッド車は10系では設定があったものの、20系前期モデルではなぜかハイブリッド車はラインナップされていませんでした

エスティマにはあったのにです。

 

【後期モデルのハイブリッド車のラインナップ】

前期モデルにはラインナップされていなかったハイブリッド車ですが、後期モデルでは、大幅に機能拡充して再登場してきました。

可変電圧システムにより駆動電圧が大きく引き上げられモーターもフロントが13kWから105kWへ、リアが18kWから50kWへと強力になっています。

その結果、燃費は次のようにガソリン車と比べて大幅に向上しました。

 

グレード 燃費(10・15モード)
ハイブリッド車 16.4km/L~17.2km/L、19km/L

 

燃費も10・15モードでリッター16.4キロ~17.2キロから19キロ(JC08モードでは17.0キロ)へと大きく改善しているのです。

アルファード20系の前期と後期の違いで一番大きいのは、外観と内装の木目パネルの違いで、内外装とも見た目の印象はかなり違ってきています。

機能面でも最新の安全、快適機能が付加されたのに加え、大きく進化したハイブリッドまで投入していますので、その違いは小さくないと言っていいでしょう。

 

燃費の違いは?

 

【前期モデルの燃費】

アルファード20系前期の燃費は次のようになっていました。

グレード 燃費(カタログ)
2.4L(FF) 11.6km/L
2.4L(4WD) 11.4km/L
3.5L(FF) 9.2km/L~9.5km/L
3.5L(4WD) 9.1km/L~9.4km/L

 

【後期モデルの燃費】

アルファード20系後期の燃費は次のようになりました。

グレード 燃費(カタログ)
2.4L(FF) 11.6km/L
2.4L(4WD) 11.4km/L
3.5L(FF) 9.2km/L~9.5km/L
3.5L(4WD) 9.1km/L~9.4km/L

アルファード20系 後期の燃費はと前期と全く同じ燃費です。

前後期を通じてエンジンは同じですし、車両重量もほぼ同一です。燃費に関する新技術の投入もありませんので当然ですね。

燃費改善についてはハイブリッドモデルの投入でケアしたということなのでしょう。

前後期を選ぶに際しては、燃費を気にする必要はないようです。

 

不具合の違い

 

リコール

 

アルファード20系に限らず、どんな車でも不具合はあって、たいていの場合はリコールで対処されています。

例えばアルファード20系 後期についてはタカタ製エアバッグのリコールがあって、未対処なら車検にすら通りません。

引っ越しなどで連絡を取るのが難しい場合などを除いてはディーラーから連絡がきているはずですし、中古車で未修理の車体はまず無いといっていいのであまり心配する必要はなさそうです。

でも。新車で購入して修理に出した覚えが無いようなら、確認しておいたほうがいいかもしれません。

 

リコール対象外の不具合

 

問題は、むしろリコールに至らない場合です。

アルファード20系の2.5リッターのエンジンは2AZ-FE型ですが、前期モデルのすべて、後期は2013年7月製造分までについて、次のような不具合が発生するというのです。

  • 中低速域から停止直前までブレーキを踏まずに減速するような運転をした場合
  • 吸気管および燃焼室内の負圧が高い状態で保持されるため、エンジンオイルが燃焼室まで吸い上げられてオイル消費量が増えることがある

これはリコールではなく当該現象が発生した場合の無料修理対象なので、少しだけ注意が必要かもしれません。

新車を登録した日から9年以内が対象ですから、アルファード20系 前期モデルの中には既に無料修理対応ができないものも出てきているからです。

ちなみにハイブリッドは当然ながら20系後期のみ、2014年10月製造分までが対象になります。

 

車両本体価格の違い

 

アルファード20系の前後期を比べると、ローエンドの240Xは3,000,000円で変わりません。

240X 3,000,000円

2014年の4月からは3,085,714円になっていますが、これは消費税引き上げに伴うものですから、240Xについては前後期一貫して価格は変わっていません

しかし、他のグレードは値上がりしていますし、値上がり幅は上級グレードの方が大きいのです。

240S、350Sで5万円、240G、350Gで8万円、350G Cパッケージ、350G Lパッケージで12万円の値上げとなっています。

S系以上ではナノイー、G系以上では運転席オートスライドアウェイ、350G Cパッケージ、350G Lパッケージにはオートマチックハイビームが新たに装着されていますから、値上げには理由はあります。

また、4WD搭載による価格の上乗せは210,000円から189,000円に引き下げられています。

前期 後期
FF 4WD FF 4WD
240X(8人) 3,000,000円 3,210,000円 3,000,000円 3,189,000円
240S(8人) 3,300,000円 3,510,000円 3,350,000円 3,539,000円
240S(7人) 3,340,000円 3,550,000円 3,390,000円 3,579,000円
240G(8人) 3,560,000円 3,749,000円 3,640,000円 3,808,000円
240G(7人) 3,600,000円 3,789,000円 3,680,000円 3,848,000円
240G Cパッケージ(7人) 3,880,000円 4,069,000円
350X(8人) 3,380,000円 3,569,000円
350S(8人) 3,680,000円 3,890,000円 3,730,000円 3,919,000円
350S(7人) 3,720,000円 3,930,000円 3,770,000円 3,959,000円
350G(8人) 3,940,000円 4,129,000円
350G(7人) 3,980,000円 4,169,000円 4,060,000円 4,228,000円
350G Cパッケージ(7人) 4,160,000円 4,370,000円 4,280,000円 4,469,000円
350G Lパッケージ(7人) 4,500,000円 4,689,000円 4,620,000円 4,788,000円

 

下取り価格の違い

 

アルファード20系も前期と後期では下取りに大きな違いがあります。

実は下取りに出すというのはあまりおすすめではありません。

例えば240Xなら2008年式で80万円台、2009年式で90万円台、2010年式でやっと100万円を超えてくるという状況です。

これが20系後期になると2011年式で110万円台から140万円、2012年式では140万円台を超えてきますから、前期後期の下取りの差は思いのほか大きいと言えます。

同じように、350G(7人乗り)をみると2008年式で100万円程度、2009年式で110万円程度、2010年式で130万円程度ですが、20系後期になると2011年式で140万円台半ば、2012年式では170万円程度ですから、やはり上級グレードでも同じ傾向のようですね。

ただ、下取り価格については、中古車買い取り業者により大きく異なりますし、時期によっても変わってきます。

もし、下取りを考えているのでしたら、下記の無料サービスに登録してみてください。

⇒無料一括査定サービスを利用して、愛車の下取り相場を調べる

このサービスを使ったからと行って愛車を売却する必要はありませんので、価格相場を確認するだけでも使ってみてください。

 

グレードの改廃

 

価格のち外を見ていただいてもわかるのですが、20系前期では3.5リッターにも廉価グレードの「X」がラインナップされていました。

また、350Gには8人乗りモデルがあったのですが、20系前期ではいずれも廃止になりました。

廃止されたグレード 350X
350G(8人乗り)

一方で、2.5リッターには高級なグレードである240G Cパッケージがラインナップに加わりました。

追加されらグレード 240G Cパッケージ

2列目のエグゼクティブパワーシート等350G Cパッケージと同等の高級な内装が施されていますが、オートマチックハイビームだけは装備されていません。

また、30万円ほどの追加で本革シートにすることも可能になりました。

 

G’s のラインナップ

 

トヨタ車にはスポーツバージョン車の「G’s」がラインナップされている車種が少なくありませんが、アルファードも例外ではありません。

20系アルファードについては、前期モデルには「G’s」がラインナップされていませんでしたが、後期モデルである2012年11月12日から「G’s」が発売開始となりました。

 

中古車価格相場(2019年4月16日現在)の違い

 

最後は、アルファード20系の前期、後期別に中古車価格帯を調べましたので参考にしてみて下さい。

グレード 前期価格帯 後期価格帯
240G 68万円-235万円 139万円-279万円
240S 64万円-289万円 110万円-335万円
240SCパッケージ 203万円-235万円 188万円-328万円
240S G’s 229.4万円-298万円
240S タイプゴールド 133.6万円-322万円
240S タイプゴールドⅡ 168.9万円-321.4万円
240X 78万円-348万円 109万円-239.8万円
350G 98万円-210万円 158万円-259万円
350G Lパッケージ 110万円-338万円 162万円-284.9万円
350G LパッケージロイヤルラウンジLE 369万円 269.9万円
350G プレミアムパッケージ 229万円-429万円
350S 79万円-188万円 196万円-265.3万円
350SCパッケージ 98万円-280万円 185万円-320万円
350S G’s 258.8万円
350S タイプゴールド 149万円-256万円
350S タイプゴールドⅡ 188.8万円-274万円

 

当然かもしれませんが、1年で価格は安くなっていますね。

 

アルファードの中古車をご検討の際は下記も同時にご覧下さい。
お役に立つと思います。

↓↓

 

20系アルファードを希望条件・安価で購入するための2ステップとは?

 

30系アルファードが発売されてから3年が経過したこともあり、中古車市場には20系だけでなく30系アルファードが増えています。

ただ希望条件に合う車や価格が思ったより高いなど、希望通りに行かないことも多いと思います。

中古車の購入を検討する場合、中古車雑誌や最寄りの中古車センターで探す方が多いと思いますが、思うように進まないのではないでしょうか?

各中古車センターに在庫できる台数には限りがあるため、一つの車種に多くのスペースを割くことは難しいですからね。

しかし、これからご紹介する方法なら、空き時間で出来るような1分ほどのカンタンな作業をするだけで、希望条件の車を探すことができ、更に安価に購入することが可能となります。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

「たしかにカンタンだ!」と思われたらのではないでしょうか?

使えそうだと思えましたら再現性の高い方法ですので是非実践してみてください。

また、アルファードに限らず愛車の乗り換えを考えていいる場合は、下記にも目を通しておいて下さい。一番高く愛車を買い取ってくれる業者が見つかりますよ。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

新型アルファード値引き最大化の秘策

 

30系アルファードのマイナーチェンジが実施され、
マイナーチェンジの後は一気に値引き幅は縮小されました。

でも安心して下さい。

これからご紹介する方法を正しい手順で実施して
最安購入にチャレンジしてみてください

モデルチェンジ直後だろうと決算期でなくても関係ありません!

家にいても出来るほどカンタンな方法です。

実践するかしないかは自由なので、
内容だけでも確認してみてください。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

 

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

2つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。