アルファード20系 オートクルーズを市販キットで安価で実現!

この記事は3分で読めます

shitadori chukoshateian


特集-エアロ・カスタム 特集-価格・値引き
特集-中古車 特集-ホイール・タイヤ
特集-20系前期 特集-20系後期

 


アルファード20系に限らず、長距離ドライブにはクルーズコントロールは非常に役立ちます。

ただ、アルファード20系ほどの高級車でもオートクルーズは全グレードに装備されていないのです。

オートクルーズはメーカーオプション対応なので、アルファード20系購入後に取り付けようと思ってもできません。

だったら、次は市販品での対応を考える必要がありますね。

この記事では、アルファード20系対応の市販のオートクルーズキットご紹介します。

3つの秘策

アルファード20系のオートクルーズ(クルーズコントロール)

 

アルファード20系でオートクルーズ(クルーズコントロール)が装備されているのはX系とS系のうち240Sを除くグレードです。

高速道路などでアクセルを踏まずに一定速度が維持できるごく普通のクルーズコントロールですが、X系とS系のうち240Sではオプションでも装着できません。

ちなみに、Lパッケージ、Cパッケージ、240Gには先行車をミリ波レーダーで認識し、ブレーキ制御までしてくれるレーダークルーズコントロールがプリクラッシュセーフティシステムとレーンキーピングアシストとセットでオプション装着可能です。

 

しかし、その価格は338,040円と結構なお値段となっています。

 

アルファード20系の240X、350X、240Sにクルーズコントロールを付けるには

 

アルファード20系の240X、350X、240Sにもクルーズコントロールは欲しいですよね。

幸い純正装着のクルーズコントロールはそんなに難し制御をしていません。

だから、市販キットのクルーズコントロールでも違和感はないようなのです。

実際の市販キットなのですが、これが驚くほど安いのです。

例えばこの製品などは税・送料込みで5,280円です。

この製品は非純正ですが、純正パーツを使ったキットもあって、それにしても税・送料込みでわずか7,500円なのです。

 

アルファード20系のクルーズコントロールの装着

 

アルファード20系にクルーズコントロールを後付する歳は注意が必要です。

注意すべきことは「補償対象外になる」ことです。

やはり車の制御系に手を加えるわけですからそこは厳しいものがあります。

オートクルーズの市販キットの取付け自体は簡単なので心配はいりません。

スキルのある方ならDIYでの取り付けも可能です。

ネット等を見ても大きなトラブルは見受けられませんが、先ほどもお伝えした通りディーラーでの施工は難しいことだけは理解しておきましょう。

お付き合いのあるショップなどに相談してみるといいかもしれません。

 

まとめ

 

こうしてみると、アルファード20系のオートクルーズ市販キットは非常にエコノミーですね。

この価格なら取り付けたくなるところですが、先ほど書いたリスクも勘案して、もし装着するなら自己責任でご判断を。

20系及び30系中古車アルファードを希望条件・安価で購入するための2ステップとは?

30系アルファードが発売されて3年が経過し、マイナーチェンジが実施されたことにより、中古車市場に20系アルファードだけでなく30系アルファードも増えてきました。

ただ希望条件に合う車や価格が思ったより高いなど、希望通りに行かないことも多いと思います。

中古車の購入を検討する場合、中古車雑誌や最寄りの中古車センターで探す方が多いと思いますが、思うように進まないのではないでしょうか?

各中古車センターに在庫できる台数には限りがあるため、一つの車種に多くのスペースを割くことは難しいですからね。

しかし、これからご紹介する方法なら、空き時間で出来るような1分ほどのカンタンな作業をするだけで、希望条件の車を探すことができ、更に安価に購入することが可能となります。

>>> 詳細はこちらからご確認下さい!

たしかにカンタンだと思われたらのではないでしょうか?

使えそうだと思えましたら再現性の高い方法ですので是非実践してみてください。

 

特集記事

 

>>>  目次ページに戻る

 

2つの方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。